×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

つわりの症状について

妊娠の初期にはつわりの症状が妊婦さんの身体に出てきます。つわりの代表的な症状といえば「気持ち悪い」とか「吐き気がする」といったものを思い浮かべるかもしれません。しかしつわりの症状はいろいろなものがあります。このサイトでは妊娠初期に必ず妊婦さんが経験するつわりの症状についての情報を紹介しています。つわりは辛いかもしれませんが、赤ちゃんを出産するのに欠かせない出来事です。

いろいろなつわりの症状1

つわりの症状といえば気持ち悪い、吐き気がする以外にもたくさんの症状があります。妊娠するとホルモンバランスが崩れたり、自律神経が乱れたりするので妊婦さんの体に様々な影響が出ると考えられます。つわりの症状として「眠くなる」というものがあります。妊婦さんが眠くてゴロゴロしていても旦那さんはつわりの症状だと理解してあげましょう。また「身体がだるくなる」という症状も妊娠するとよく見られる症状です。
この症状もやはりホルモンバランスや自律神経の乱れが影響していると思われます。また「食べていないと気持ちが悪い」というつわりの症状があります。一般的に「食べづわり」といわれる状態です。このつわりの症状のときは食べ過ぎによる体重増加に注意して下さい。

いろいろなつわりの症状2

つわいの症状として「においに敏感になる」というものがあります。これは様々なにおいを嗅いでしまうと気持ち悪くなってしまう状態です。よく聞くのがご飯の炊ける臭いですね。しかしこれはホンの一例で、実際には様々なものの臭いに対して嫌悪感を持つ事もあります。このつわりの症状の場合は、その臭いの元となるものを取り除く事によりある程度、症状を軽減できます。また空気清浄機を使う事も効果があるとされています。
その他には「頭痛がする」というつわりの症状もあります。これも原因はホルモンバランスや自律神経によるものだとされています。もともと頭痛持ちの妊婦さんは頭痛がより大きくなる事もあるそうです。ここで紹介した以上につわりの症状はたくさんありますが、精神的、心理的な原因でつわりの症状がひどくなる場合もあります。ストレスの無い環境を心がける家族の配慮も妊娠の時には大切です。

Copyright © 2007 つわりの症状について